消費者課題

経営理念と行動基準に基づき、品質マネジメント、情報セキュリティおよび個人情報保護において実効性のある施策を実施するとともに、それらを継続的に改善することでお客様の満足度向上に努めています。

品質マネジメント

プラント等の企画・提案から設計、調達、施工、試験・試運転、保守・サービスまで一貫したトータルエンジニアリング体制で品質マネジメントシステムを構築し、お客様のニーズに合わせたサービスを提供しています。 今後とも、「品質方針」に基づいた品質活動を展開し、厳正な品質管理を行い、継続的に改善し、品質の向上に努めます。

品質方針

当社は、社会インフラの事業を通して、従業員一人ひとりが輝く仕事で広く社会に貢献する経営理念のもと、東芝プラントシステム行動基準に基づき、品質第一に徹し、製品の安全性と信頼性、作業環境の確保と、法規制事項を遵守し、お客様の望むサービス、製品、システムを提供することで、社会に貢献することを目指します。

  • 1. お客様の立場に立った品質の確保を行う。
  • 2. 関連する法令と契約を遵守するとともに、お客様と第三者の権利を尊重する。
  • 3. お客様の望むサービス、製品、システムを目指す品質マネジメントシステムを確立し維持するとともに、その有効性の継続的な改善を行う。
  • 4. 全組織、全員参加で品質の作り込みを行う。
  • 5. 真因の追究による本質改善を目指す。

ISO9001認証マーク ISO9001認証マーク

品質マネジメントシステムの概要と管理体制

詳細はこちら

ISO9001の規格要求に基づく厳格な品質マネジメントシステムを運用し、規格の基本理念である、PDCAサイクル(計画(Plan)─実施(Do)─評価(Check)─改善(Act))を回すことで、常にお客様の視点に立って「品質」の継続的改善を図っています。

品質マネジメントシステムの概念図 品質マネジメントシステムの概念図
品質マネジメントシステムの管理体制図 品質マネジメントシステムの管理体制図

情報セキュリティ

詳細はこちら

行動基準に基づき、業務遂行過程で取り扱うすべての情報(社外に広く公開された情報は除く)を適切に管理し、その不適切な開示・漏洩・不正利用の防止および保護に努めています。
保有する情報について実効的かつ適正な管理を行い、情報に係るリスクを最大限低減、回避するため、「情報セキュリティガイドライン」を定めています。主な内容は、次のとおりです。

情報セキュリティの管理体制図 情報セキュリティの管理体制図

@ 組織的管理

PDCAサイクル(計画(Plan)─実施(Do)─評価(Check)─改善(Act))を回すための組織体系を構築

A 物的、技術的管理

情報管理の効率化と実効性を高めるため、様々なセキュリティ施策を実施

B 人的・法的管理

情報の利用における遵法上必要な誓約書や秘密保持契約等を適切に締結

個人情報保護

詳細はこちら

行動基準に基づき、個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守するために、一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりプライバシーマークの認証を取得しています。取り扱う個人情報保護の徹底を図るため、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、日常業務で実施・運用し内部監査、外部監査により改善・見直しを行い継続的に改善しています。

品質マネジメントシステムの概念図 品質マネジメントシステムの概念図
品質マネジメントシステムの管理体制図 品質マネジメントシステムの管理体制図