地球環境への取り組み

すべての事業活動で環境課題に取り組むことが会社経営の活動原点の1つと認識し「環境負荷低減に配慮した事業活動」に全従業員で取り組んでいます。

環境経営の取り組みへの姿勢

環境経営の取り組みへの姿勢として「環境経営コンセプト」と「環境基本方針」を定め、これに基づき環境活動を推進しています。

環境経営コンセプト

当社は、環境負荷低減に配慮したEPC事業に取り組みます。

環境基本方針

当社は、東芝グループ環境ビジョンのもと、お客様の信頼に応え、社会の発展に貢献するために、EPCのすべてのプロセスにおいて次の環境管理活動を展開していきます。

  • 1.地球環境の保全を経営の最重要課題の一つとして、生物多様性を含む環境活動を推進します。
  • 2.設計から保守サービスまでのすべての事業活動を通じ、地球温暖化の防止、資源の有効利用に努めます。
  • 3.環境負荷の低減に配慮した製品・技術の開発および、サービスの向上を図ります。
  • 4.法令、同意した指針、自社基準を遵守します。
  • 5.地域社会と連携し、関係会社を含む全員で環境活動に取り組みます。

環境経営の取り組みに対する考え方

東芝グループ環境基本方針「“かけがえのない地球環境”を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識にたち、東芝グループ「環境ビジョン2050」・「地球と調和した人類の豊かな生活に向けての環境経営推進」の実現に向け「Green Management」の活動をベースに3つの「Green」すなわち「Green of Product」・「Green by Technology」・「Green of Process」の環境活動に取り組みます。

環境経営の取り組みに対する考え方 環境経営の取り組みに対する考え方

環境活動の目標

前年度実績を基準とし、事業計画を加味した目標値を設定し、EPCのすべてのプロセスにおいて環境負荷低減活動に取り組みます。

環境活動の目標 環境活動の目標
  • ※1

    3R:Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再資源化)

活動目的 活動の
指標
活動の
目標
環境
リスクの
管理
環境不適合発生の防止 環境不適合ゼロ
地球
温暖化の
防止
エネルギー起源CO2の削減 原単位※2で前年度実績 以下
資源の
有効活用
廃棄物発生量の削減 原単位で前年度実績 以下
ゼロエミッション
(最終処分量)の達成
最終処分率0.5%未満
生物
多様性の
保全
コピー紙購入量の削減 購入計画の5%削減
水資源
受け入れ量の削減
原単位で前年度実績 以下
  • ※2

    原単位:売上高を加味して算出した当社基準値

環境活動とマテリアルフロー

事業活動が環境にどのくらい負荷を与えているかを下図のマテリアルフローで表します。

環境活動とマテリアルフロー 環境活動とマテリアルフロー

(注)上記の値は、前年度の実績値を表します。

エネルギーの集計基準 電力 オフィスと工場の電気使用量
ガソリンと軽油 事業所と作業所の車両燃料
コピー紙および水資源集計基準 コピー紙 オフィスと工場のコピー紙購入量
水資源 工場の水資源使用量
CO2換算係数 電力 5.10t-CO2/万kWh
ガソリン 2.32t-CO2/kL
軽油 2.62t-CO2/kL
コピー紙原料木換算係数 1.3万枚(A4サイズ)/本