すべての事業活動で環境課題に取り組むことが会社経営の活動原点の一つと認識し「環境負荷低減に配慮した事業活動」に全従業員で取り組んでいます。

環境マネジメント

環境経営の取り組みへの姿勢

環境経営の取り組みへの姿勢として「環境経営コンセプト」と「環境基本方針」を定め、これに基づき環境活動を推進し ています。

環境経営コンセプト

当社は、環境負荷低減に配慮したEPC事業に取り組みます。

環境基本方針

当社は、東芝グループ環境ビジョンのもと、お客様の信頼に応え、社会の発展に貢献するために、EPCのすべてのプロセスにおいて次の環境管理活動を展開していきます。

  • 1.地球環境の保全を経営の最重要課題の一つとして、生物多様性を含む環境活動を推進します。
  • 2.法令、同意した指針、自社基準を遵守します。
  • 3.設計から保守サービスまでのすべての事業活動を通じ、地球温暖化の防止、資源の有効利用に努めます。また、環境負荷の低減に配慮した製品・技術の開発および、サービスの向上を図ります。
  • 4.地域社会と連携し、関係会社を含む全員で環境活動に取り組みます。
環境活動の目標 環境活動の目標

※ 3R:Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再資源化)

環境活動の目標

詳細はこちら

事業活動のすべてのプロセスにおいて環境負荷低減活動に取り組みます。

表 表

環境活動とマテリアルフロー

詳細はこちら

事業活動が環境にどのくらい負荷を与えているかを下図のマテリアルフローで表します。

フロー図 フロー図

  • (注) 上記の値は、2016年度の実績値を表します。
  • エネルギーの集計基準 電力:オフィスと工場の電気使用量。ガソリンと軽油:事業所と作業所の車両燃料。
  • コピー紙および水資源集計基準 コピー紙:オフィスと工場のコピー紙購入量。水資源:工場の水資源使用量。
  • CO₂換算係数 電力:5.10t-CO₂/万kWh。ガソリン:2.32t-CO₂/KL。軽油:2.62t-CO₂/KL。
  • コピー紙原料木換算係数 1.3万枚(A4サイズ)/本

地球温暖化の防止

詳細はこちら

地球温暖化の主たる要因とされている二酸化炭素(CO2)の排出量抑制を目的とし、工場、オフィス、作業所等での電力や車両燃料などのエネルギー起源CO2排出量の削減に様々な活動で取り組んでいます。

活動トピックス

厚木工場 LED照明化 厚木工場 LED照明化

厚木工場 LED照明化

  • 1.

    厚木工場において工場照明灯(48台)をLED照明へ切り替え、年間1.9万kWh(10t-CO2相当)を削減しました。

  • 2.

    東芝グループ環境一斉アクションにおいて環境月間のイベントとして、各拠点で一斉消灯を行い、節電活動に取り組みました。

  • 3.

    クールビズの拡大実施(5月10月)を行いました。

環境配慮型の製品・サービス

太陽光発電所

詳細はこちら

再生可能エネルギーである太陽光を利用した太陽光発電所は、地球温暖化の主たる要因とされている二酸化炭素(CO2)の排出量を抑制する環境に配慮した発電設備です。当社は2017年3月現在、出力累計650MW以上、メガソーラーだけでも150件以上の業界トップクラスの受注実績があり、今後もCO2排出量抑制に貢献していきます。

従来の環境を活かした施工事例

駐車場跡地や溜池に土地の整備をすることなく太陽光発電所の施工を行っています。
駐車場跡地に設置した「ハウステンボス東明太陽光発電所」は、整地を行うことなく駐車場の姿を残したまま、自然環境配慮型の当社オリジナル架台「KiTyシステム」を採用し、施工を行っています。
溜池の上に設置した「オリックス小野太陽光発電所」は、従来の溜池としての機能を残したままで、通常は太陽光発電所として機能し、大雨のときには一時的に溜池として滞水する環境配慮型発電所として施工しました。
自然環境を残すことを重視し、再生可能エネルギーを使った太陽光発電で環境に配慮した施工を行っています。

設置例1 設置例1

駐車場跡地に設置 ハウステンボス東明太陽光発電所
(長崎県佐世保市 2.1MW)

設置例2 設置例2

溜池の上に設置 オリックス小野太陽光発電所
(兵庫県小野市 19.1MW)

小水力発電所

詳細はこちら
海外における施工事例 海外における施工事例

小水力発電の定義は各国統一されていませんが、日本の電力業界では、従来から「10,000kW以下」を小水力としてきました。小水力の発電方式は、「流れ込み式」や「水路式」となり、ダムなどの「貯水池式」とは異なり河川の水を貯めること無く、そのまま水流のエネルギーを利用する発電方式です。一般河川、農業用水、砂防ダム、上下水道などの既存のエネルギーを有効利用することが多く、大規模造成を必要としない、環境に配慮した発電設備です。

海外における施工事例

南アジア地域を中心に、貴重な水資源を利用して電力を得る「流れ込み式」小水力発電の需要が高まっており、現地法人を含む当社グループは、引き続き環境に配慮した小水力発電設備の受注拡大に注力していきます。

その他の環境に配慮した取り組み事例

作業所・工場においては、産業廃棄物の削減、梱包材の最適化の取り組み、オフィスにおいては、コピー用紙の裏紙利用など、環境に配慮した様々な活動を日々行っています。
また、上記に加え、2017年度からすべての全社会議のペーパーレス化に取り組んでいます。