プラントエンジニアリングの世界とは - 事業について

プラントエンジニアリングとは、出力や運転コストなどのお客様の要求スペックを、機器類や設備の集合体である実際のプラントとして具現化させるための高度な技術です。

人々の生活を支える責任ある仕事

タイ ノースバンコク

(タイ ノースバンコク)

火力・原子力発電から、太陽光や水力発電などの再生可能エネルギー、そして水素エネルギーなどの次世代エネルギーまで、社会・経済活動に必要不可欠なエネルギーの創出に、私たちも参加しています。
また、上下水道設備や鉄道事業、民間向け工場、商業施設の電気設備など、人々の生活に欠かすことのできない社会基盤づくりに、私たちの技術と知恵が活かされています。
そして今、私たちのフィールドはASEANを中心とする国外にも、大きく広がり続けています。ライフラインの整備を必要としている人々の役に立てることも、私たちの喜びです。

技術力×人間力=プロフェッショナル

技術力×人間力=プロフェッショナル

エンジニアリングとは、「編み出す技術」です。
さまざまな技術と製品を、決められた条件の中で最大限の成果が得られるように組み合わせ、創り上げる技術です。
東芝プラントシステムは、エンジニアリングのプロフェッショナル集団として事業を展開。その一人ひとりが自らの技術を磨き、新たなテクノロジーの吸収を図り、与えられた責任を果たすことで、個々の能力を日々向上させています。
“現場”で積み重ねた経験と、互いを尊重し合う“人間力”をモットーとして、私たちは常に「次の社会」と向き合っています。

“0”から作り上げる“現場”ならではのやりがい

“0”から作り上げる“現場”ならではのやりがい

社会の重要なインフラを担う現場には、さまざまな制約と困難も潜んでいます。
平面の設計図から立体の建造物が建ちあがり、機械が組み合わさって機能し始めると、机上では予測もつかなかった変化が生じることがあります。エンジニアリングの世界には、常に「挑戦」が存在しているのです。
そしてその多くは、“0”から作り上げられる“現場”に潜んでいます。
私たち東芝プラントシステムは、こうした「挑戦」に前向きに取り組み、変化を楽しみ、新しいテクノロジーを積極的に取り入れることで、数々のプロジェクトを達成。その品質の高さによって、お客様から評価をいただいています。