農業用水も利用可能なマイクロ水力発電から、配管延命対策まで施策充実

水力発電設備

水力発電設備は、クリーンな再生可能エネルギーとして国内外で注目を集めています。当社は電力会社の大型水力発電設備および分散型電源としても活用される中小型水力発電設備や、未利用エネルギーを活用するマイクロ水力発電設備のエンジニアリング、据付・施工、試験・調整まで一貫したソリューションを提供しています。

水力発電設備

東芝グループの一員として国内外の水力発電設備の据付・施工、試験・調整を担当しています。また、10,000kW以下の中小型水力発電設備においては、エンジニアリングから現地試験調整までを担当しており、長年にわたり技術と実績を積み上げています。また、既設配管をクリーニングして、内面に樹脂を塗布する当社の「配管ライニング」技術は、発電所における配管の延命対策を通してプラント設備の長寿命化を実現します。

マイクロ水力発電設備

上下水道、農業用水等の未利用エネルギーを安定した電力に変換するマイクロ水力発電設備を開発し、設置場所に応じて10kW〜200kWまでの機種を選べる低落差ユニット型水力発電装置(Hydro-eKIDS)の製造・販売を行っています。

ポイント
  • 「配管ライニング技術」によって、配管の酸化腐食や土砂の堆積などによる摩耗から保護。配管の延命に貢献
  • 設置場所に応じて低落差ユニット型のマイクロ水力発電装置「Hydro-eKIDS」の納入実績が多数

『配管ライニング技術』の詳細を見る
[PDF形式/592KB]

『Hydro-eKIDS』のカタログダウンロード
お申し込み

主な実績
【水力発電設備】
  • 中部電力株式会社殿 徳山発電所 1〜2号水車・発電機据付工事 [岐阜県]
【マイクロ水力発電設備】