すべての事業活動で環境課題に取り組むことが会社経営の活動原点の一つと認識し「環境負荷低減に配慮した事業活動」に全従業員で取り組んでいます。

環境マネジメント

環境経営の取り組みへの姿勢

環境経営の取り組みへの姿勢として「環境経営コンセプト」と「環境基本方針」を定め、これに基づき環境活動を推進し ています。

環境経営コンセプト

当社は、環境負荷低減に配慮したEPC事業に取り組みます。

環境基本方針

当社は、東芝グループ環境ビジョンのもと、お客様の信頼にこたえ、社会の発展に貢献するために、EPCのすべてのプロセスにおいて次の環境管理活動を展開しています。

  • 1.地球環境の保全を経営の最重要課題の一つとして、生物多様性を含む環境活動を推進します。
  • 2.設計から保守サービスまでのすべての事業活動を通じ、地球温暖化の防止、資源の有効利用に努めます。
  • 3.環境負荷の低減に配慮した製品・技術の開発および、サービスの向上を図ります。
  • 4.法令、同意した指針、自社基準を遵守します。
  • 5.地域社会と連携し、関係会社を含む全員で環境活動に取り組みます。
環境活動の目標 環境活動の目標

※ 3R:Reduce(リデュース:廃棄物の発生抑制)、Reuse(リユース:再使用)、Recycle(リサイクル:再資源化)

環境活動の目標

詳細はこちら

事業活動のすべてのプロセスにおいて環境負荷低減活動に取り組みます。

活動目的 活動の項目 活動の目標
環境不適合ゼロの維持 環境不適合ゼロの継続 環境不適合ゼロ
地球温暖化の防止 エネルギー起源CO排出量削減 活動水準の維持
資源の有効活用 廃棄物総発生量の削減 排出量削減
分別の徹底 リサイクル率の向上
生物多様性の保全 コピー紙購入量の削減
環境配慮型製品の購入推進
ペーパーレス会議の推進
3R活動の推進
グリーン調達の推進

環境活動とマテリアルフロー

詳細はこちら

事業活動が環境にどのくらい負荷を与えているかを下図のマテリアルフローで表します。

フロー図 フロー図

  • (注) 上記の値は、2017年度の実績値を表します。
  • エネルギーの集計基準 電力:オフィスと工場の電気使用量。ガソリンと軽油:事業所と作業所の車両燃料。
  • コピー紙 オフィスと工場のコピー紙購入量。
  • CO₂換算係数 電力:5.31t-CO₂/万kWh。ガソリン:2.32t-CO₂/KL。軽油:2.62t-CO₂/KL。
  • コピー紙原料木換算係数 1.3万枚(A4サイズ)/本

生物多様性の保全への取り組み

新たな取り組みとして、2017年10月よりペーパーレス会議を開始。紙で配付されていた会議資料をデータで保存、会議ではタブレット等を活用して内容を確認することで、資料の配付を必要としない会議を全社規模で推進しています。

3月末までの実績

A4用紙換算で約34万枚(原料木:約26本)を削減

表

地球温暖化の防止への取り組み

地球温暖化の主たる要因とされている二酸化炭素(CO2)の排出量抑制を目的とし、工場、オフィス、作業所等での電力や車両燃料などのエネルギー起源CO2排出量削減にさまざまな活動で取り組んでいます。

グラフ 府中事業所

2017年度は府中事務所において執務エリアの統廃合がありましたが、照明LED化、ハイブリッドファン設置による空調効率化を環境施策として実施しました。

2016年度より、他社事業所内にあり使用電力量を実測出来ないオフィスについても見做し値を全社の値に含めました。2017年度より実測対象事業所を追加しました。

グラフ

施工内容・場所により走行距離、車両台数は毎年変化しますが、エコドライブの実施とエコカーの導入などにより、使用燃料の削減に努めています。

電力CO2排出係数は受電端係数で、このグラフは消費電力量の増減傾向を表すため、5.10t-CO2/万kWhを全年度に適用しています。

資源の有効活用への取り組み

作業所での施工に伴う廃棄物や事業場での廃棄物の総発生量・排出量の削減や資産の有効活用を目的とした分別の徹底によるリサイクル率の向上など、さまざまな活動に取り組んでいます。