安全衛生基本方針

当社は、電力・産業・社会インフラ事業を通じ、人間尊重を基本として、豊かな価値を創造し、世界の人々の生活・文化に貢献する企業集団をめざす経営理念に基づき事業活動を展開する。
そのために、全ての事業活動において、生命、安全、コンプライアンスを最優先し、「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進する。

  • 1. 安全衛生活動を経営の最重要課題の一つに位置付け、関係法令ならびに当社の定める安全衛生に関する規定・基準を遵守し、労働安全衛生マネジメントシステムに全従業員で取り組む。
  • 2. 当社の事業活動に係わる全ての人の協議と参加を尊重し、安全で快適な職場環境の形成と安全衛生水準の向上に努める。
  • 3. 労働災害の潜在的な危険または有害要因を低減した安全衛生計画に基づき安全管理体制の徹底をはかり、安全な状態・安全な行動を確保し、無事故・無災害に努めることを労働安全の目標として定める。
  • 4. 疲労やストレスを感じることの少ない快適な職場環境づくりをめざし、心とからだの健康の保持増進を図ることを労働衛生の目標として定める。
  • 5. 本方針の実行にあたっては適切な経営資源を投入し、安全衛生基本方針ならびに安全衛生に関する法令・規定・基準などを教育・訓練および意識向上活動などの展開により、効果的な改善を継続的に実施する。

安全衛生目標

詳細はこちら
安全目標:『労働災害“ゼロ”』 衛生目標:『健康障害“ゼロ”』
  • (1) 安全衛生ルールの明確化と遵守
  • (2) 基本作業・基本行動の定着
  • (3) 労働安全衛生マネジメントシステムの継続的向上
  • (4) 安全衛生教育の充実
  • (1) メンタルヘルスケアの推進
  • (2) 過重労働による健康障害の防止
  • (3) 定期健康診断における有所見率の改善
  • (4) 職場環境の維持・改善および疾病予防
安全目標:『労働災害“ゼロ”』
  • (1) 安全衛生ルールの明確化と遵守
  • (2) 基本作業・基本行動の定着
  • (3) 労働安全衛生マネジメントシステムの継続的向上
  • (4) 安全衛生教育の充実
衛生目標:『健康障害“ゼロ”』
  • (1) メンタルヘルスケアの推進
  • (2) 過重労働による健康障害の防止
  • (3) 定期健康診断における有所見率の改善
  • (4) 職場環境の維持・改善および疾病予防

基本作業・基本行動について

当社グループ全員が、安全の原点に立ち返り、「基本作業・基本行動」の定着で『労働災害“ゼロ”』を目指します。
そのために、「リスクアセスメント」結果を作業要領書・手順書へ反映して、全員参加のTBM・KY活動に活用することで、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に向上させます。

  • ※ TBM:Tool Box Meeting。作業前等に職場で開く「安全ミーティング」。工具箱の付近に作業員が集まり、職長を中心に話し合うのでこのように呼ばれています。
  •   K Y:危険予知活動の頭文字を取ったもので、個別の作業グループが作業の現状把握によってその中に潜在する危険を予測し、対策、行動目標を設定して作業を行うことによって災害を未然に防止しようとする小集団活動。

基本作業・基本行動の図 基本作業・基本行動の図

メンタルヘルスケアの推進について

管理者および従業員が、職場コミュニケーションを活性化させ、メンタルヘルスケアを推進し、ストレスの少ない快適な職場環境づくりに取り組み『健康障害“ゼロ”』を目指します。

メンタルヘルスケアの推進の図 メンタルヘルスケアの推進の図

安全衛生施策例

詳細はこちら

安全体感教育の実施

「安全体感教育」は、実際の作業環境に近い状態で危険を模擬体験し、事故や災害の怖さを実感することで、安全の基本行動・基本作業の重要性を再認識することを目的としています。主なカリキュラムは、一本吊りワイヤー切断、手指挟まれ、安全帯ぶら下がり、感電などの体験のほか、通常の作業の中に潜む危険に関するさまざまな状況が想定されています。安全体感教育は、2007年6月の第1回から国内外の作業所で実施し、実施回数はすでに150回以上となっています。

一本吊りワイヤー切断体験 一本吊りワイヤー切断体験

一本吊りワイヤー切断体験

感電体験 感電体験

感電体験

安全環境大会

2017年度安全環境大会 2017年度安全環境大会

2018年度安全環境大会

毎年7月に、協力会社を含む当社グループ全体で、安全衛生・環境の意識高揚と活動の積極的推進を図るため、「安全環境大会」を開催しています。2018年度は7月11日に開催され、安全・環境管理事例報告からはじまり、「安全功績賞」および「環境功績賞」の表彰などが行われました。