利益ある持続的成長を続けるエクセレントカンパニーの実現
プロセスイノベーションの追求と更なる飛躍

2020年度達成目標

当社グループは、「利益ある持続的成長を続けるエクセレントカンパニーの実現」に向け、2018年度を初年度とする中期経営計画を策定しました。その中で、「高収益と成長を着実に実現するビジネスモデルの構築」、「BCM ※経営によるイノベーションの追求」、「CSR(企業の社会的責任)経営の推進」の3つを基本戦略に掲げ、これらに基づく具体的施策を推進してまいります。

  • BCM(Balanced CTQ Management)とは、企業の経営ビジョンを実現するための、財務やその他経営状況、経営品質を含めバランスのとれた経営を行うための方法論です。

売上高

2,700 億円

経常利益

230 億円

計数計画

「利益ある持続的成長」を着実に実現していきます。

計数計画グラフ 計数計画グラフ

市場環境と基本戦略

当社グループを取り巻く市場環境に対し、3つの基本戦略で高収益と成長を着実に実現していきます。

当社グループを取り巻く市場環境

発電システム関連

国内

・原子力は、1F廃止措置、新規制基準対応が継続

・事業用火力は、CO2削減対応により石炭火力が後退

・産業用火力は、コンバインドサイクル発電の計画増、経年機の更新需要が堅調

・再生可能エネルギーは、FIT適用により導入が促進(水力、バイオマス、太陽光等)

海外

・ASEAN諸国を中心に安定した電力需要

・世界的に、石炭火力が後退

社会・産業システム関連

国内

・首都圏では公共工事がピーク

・設備老朽化に伴うインフラ整備市場の拡大

・物流革命の実現に向けた取り組みが加速(自動走行、第5世代移動通信システム、ドローンの産業利用拡大等)

海外

・ASEAN諸国を中心に工場建設の増加

・政府主導によるインフラシステム輸出の拡大(鉄道、水、都市整備他)

基本戦略

1. 高収益と成長を着実に実現するビジネスモデルの構築

詳細はこちら
(1) 事業領域・市場の拡大

以下の事業に重点的に取り組んでいきます。

注力事業

発電システム 社会・産業システム

・原子力1F廃止措置対応
再稼動に向けた新規制基準対応
高経年化プラントの運転期間延長

・事業用火力大型高効率石炭火力、LNG火力

・国内産業用火力 バイオマス混焼発電設備
ガス焚きコンバインドサイクル発電設備
大型改良保全工事

・海外火力石炭火力、コンバインドサイクル発電設備
大型火力のBOP設備

・水力発電(含:マイクロ水力)新設・リプレース

・国内、海外(東南アジア)製造プラント向けEPC
…半導体、化学、食品 他
クリーンエネルギー発電設備
…バイオ燃料発電設備、太陽光発電設備等

・上下水道地震・浸水対策、老朽化設備更新

・ビル施設、データセンター安定化電源の多重化・増強、特高受変電設備更新

・交通システム(空港、電鉄、道路関係)空港灯火他、電鉄周波数変換設備・変電他、道路関係ETC他

市場の拡大のために海外事業の展開をより加速していきます。

新規市場の開拓
有望新興国への参入
(アフリカ、中央アジア等)
クリーンエネルギー事業の拡大
当社のグローバル拠点 当社のグローバル拠点
グローバル事業体制強化加速
現法との国際分業体制の推進
優良パートナーの開拓、協業
当社のグローバル拠点 当社のグローバル拠点
(2) EPC事業の競争力強化

一層のEPC事業の競争力強化に向け以下の施策を継続的に展開していきます。

  • 1.品質
  • ・品質マネジメントシステムの確立
  • ・COPQ低減活動による品質不適合の撲滅
  • 2.技術力
  • ・エンジニアリングツールの適用拡大
  • ・監理/主任技術者・プロジェクトマネージャーの計画的育成
  • 3.プロセス改善
  • ・ITによる業務効率化の推進
  • ・業務プロセス最適化
  • 4.原価低減による競争力強化
  • ・設計標準化
  • ・統合調達・グローバル調達の推進・拡大
  • ・工法改善による工期短縮、試験方法の効率化

2. BCM経営によるイノベーションの追求

詳細はこちら

BCM経営を全部門へ展開していきます。

BGM経営展開図 BGM経営展開図
  • BCM(Balanced CTQ Management)とは、企業の経営ビジョンを実現するための、財務やその他経営状況、経営品質を含めバランスのとれた経営を行うための方法論です。

3. CSR経営の推進

詳細はこちら

すべての事業活動において、生命、安全、コンプライアンスを最優先し、社会から信頼される東芝プラントシステムグループを目指します。

東芝プラントシステムグループ図 東芝プラントシステムグループ図
  • 企業価値向上に向けた取り組み
  • 安全強化施策の徹底と浸透強化
  • 総実労働時間短縮に向けた取り組み
  • 品質不適合の真因追求と予防措置の展開
  • 環境負荷低減を考慮した設計及び工事の推進
  • 環境意識風土の醸成
  • 日本文化・技術の継承活動支援
  • 社会インフラの整備活動支援
  • 次世代育成活動支援、地域社会に根ざした活動の推進
  • 事業所、サイト、従業員等のボランティア活動の支援
フィリピン 橋の建設

フィリピン 橋の建設

ベトナム 中学校宿舎建設支援

ベトナム 小中学校宿舎建設