ガスエンジン (コージェネレーション) 発電設備をEPCで対応

ガスエンジン発電 ガスエンジン発電
ガスエンジン発電 ガスエンジン発電

ガスエンジン (コージェネレーション) 発電設備を、建屋から付帯設備までEPCで対応します。天然ガスなどを燃料として使用するコージェネレーションは、発電の際に生じる排熱も同時に回収し、工場の熱源や冷暖房、給湯または冷凍機を介した冷水など、無駄なく利用できることから、エネルギー効率の極めて高い分散型エネルギーシステムとして、注目されています。
当社では、確かなエンジニアリングによって、ガスエンジン (コージェネレーション) ならではのメリットを、お客様に提供します。
寒冷地である北海道での設備納入実績もあり、使用条件や使用環境についても、幅広く対応します。

ポイント
  • ニーズに応じてメーカー各社から機器を選定
  • 排熱の有効利用を提案

CO2の収支バランスをゼロにする再生可能エネルギーで、お客様のCSRにも貢献

液体バイオマスエンジン発電 液体バイオマスエンジン発電
液体バイオマスエンジン発電 液体バイオマスエンジン発電

液体バイオマス発電は、パーム油などの植物由来の液体燃料を使用したディーゼルエンジン発電設備です。FIT制度 (固定価格買取制度 : Feed-in Tariff) を利用できる再生可能エネルギー発電の新しい形として、注目されています。
太陽光発電や風力発電などに比べ、安定した発電が行える上に、大気中のCO2濃度に影響を与えない「カーボンニュートラル」なエネルギー源として、地球環境への配慮にも役立ちます。

当社は、貯油タンクを含めた発電設備一式の建設をEPCにて対応します。
現在当社は、国内にて100MWクラスのパーム油焚きディーゼルエンジン発電設備建設計画を、お客様とともに鋭意進めています。

ポイント
  • 太陽光や風力発電よりも、安定した発電量
  • 企業のCSRにも大きく貢献する「カーボンニュートラル」なエネルギー源

地域活性化にも貢献! 発電事業と林業・林産業を融合させる新エネルギー

木質バイオマス発電 木質バイオマス発電
木質バイオマス発電 木質バイオマス発電

木質バイオマス発電は、林業で発生する林地残材や、製材工場から出る製材廃材を燃料とする新エネルギーです。このシステムを活用した発電事業成功のカギは、「安定した燃料供給チャンネル」と安定稼働を実現する「高性能ボイラーシステム」にあります。
当社は、国内有数の木材会社と実績のあるボイラーメーカーと連携し、木質燃料の調達から、発電所建設までワンストップで提案。
発電施設の周囲約50km圏内から“日本国内の木材”を調達することで、安定した稼働が見込める2MWクラスの設備を主軸にすることで、地産地消を促し、地域の林業活性化にも貢献します。

ポイント
  • FIT制度に有利な2MWクラスの木質バイオマス発電所を中心に提案
  • 周辺地域の林業・林産業との共存によって、より大きな価値を創出

水素の製造から輸送と貯蔵、そして発電へと至るプロセスに貢献

水素エネルギー発電 水素エネルギー発電

地球環境への負荷が小さい、優れた燃料として研究・活用が進む水素エネルギー。当社では、化学プラントで発生する「副生水素」を発電に有効利用するプロジェクトにて、水素ガスの移送に関わる配管やタンクを敷設するなど、水素エネルギー発電事業にも積極的に取り組んでいます。

また、株式会社東芝が進める水素利活用プロジェクト(太陽光エネルギーで水素を生成し、その水素から燃料電池で発電)にも参画。装置製作や工事施工を担っています。

水素エネルギー発電 水素エネルギー発電
ポイント
  • 燃料電池の手前で水素を貯蔵する“バッファドラム”など、あらゆる水素エネルギー発電設備で活用できるエンジニアリングを提供